| HOME | BBS | Link |

Animal Taming(調教):概要

animaltaming.gif Animal Taming-調教-

  • スキル称号:Ranger
  • 系統:特技系スキル
  • スキル教官:Animal Trainer (各町厩舎など)
  • 難易度制:◎

特技系スキル:野生動物をペット化する
補助効果①:パッシブ効果:ペットへの命令成功率増大
補助効果②:パッシブ効果:厩舎の預かり枠に影響
◎特徴:ドラゴンを連れ歩ける。強いペットを連れていると戦闘時に自分が戦う必要が無い。
×特徴:スキル上げの難易度高い。

育成

・スキル上げは非常に困難
・キャラ作成時にスキル値50を振っておくほうがよい。
・調教成功率が40~60%の対象を調教する。
調教成功率(%)=(テイムスキル-(調教難易度×12-250)÷10)×2
詳細次号

↑TOPへ

野生動物のペット化の方法

条件1.コントロールスロットに空きがある。
条件2.対象生物とテイマーとの間に障害物がない。(歩いてたどり着ける)
以上の条件を満たし、対象から3歩以内でスキル使用。

調教中は、
・9歩以上離れてはいけない。
・視界が途切れてはいけない。
また、
・調教開始時に80%の確率で、「動物を怒らせてしまった!」と言うメッセージと共に
調教がキャンセルされる場合がある。
(Nightmare、Dragon、WhiteWylm、Firesteed、SwampDragon)
この場合のキャンセルでスキル遅延はおきない。

↑TOPへ

命令成功率アップ
  • 計算式:(テイムスキル値×40+動物学スキル値×10)/5-必要テイム値×10=A
    A>0であるならば[700+(必要テイム値×10)×6]=B
    A≦0であるならば[700+(必要テイム値×10)×14=B
    (ただし、Bの最小値は200・最大値は990)
    (B+機嫌ポイント-100)/10=[命令成功率]
  • ガード命令の場合、成功率+30%
  • 機嫌ポイントは、忠誠度参照。要するに機嫌が悪いと命令を聞かなくなる。
  • 定型計算式に当てはまらないクリーチャーもある

↑TOPへ

厩舎の預かり枠に影響

預かり枠の増加は以下の2種類

  • 1.スキル値100以上で増加
  • 2.動物関係3スキル[「Animal Lore」(動物学)、「Animal Taming」(動物調教)、「Veterinary」(獣医学)]の合計値160以上で増加
1.スキル値100以上で増加

 スキル値

 預かり枠の増加数

100~109.9

 +1

110~119.9

 +2

120

 +3

2.動物関係3スキルの合計値160以上で増加

動物関係3スキル=「Animal Lore」(動物学)、「Animal Taming」(動物調教)、「Veterinary」(獣医学)

 3スキル合計値

 預かり枠増加数 

預かり枠

 0~159.9

0

2:通常預かり枠数(+単独スキル増加数)

 160~199.9

+1

3(+単独スキル増加数)

 200~239.9

+2

4(+単独スキル増加数)

 240以上

+3

5(+単独スキル増加数)


最小2~最大14頭預けることが可能
基本2+(関連スキル伝説:3種×増加3頭=増加9頭)+(3スキル合計240以上で増加枠が3頭)
2+9+3=14

↑TOPへ

0
ウルティマオンラインヤマトシャードでの記事です。

Faccebook


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 概要

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://uo-note.com/mt/mt-tb.cgi/612

コンテンツ

このブログ記事について

このページは、れいれいが2010年3月10日 00:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「概要」です。

次のブログ記事は「概要」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。